黒ずみ クリーム おすすめ

【ガチでおすすめ!】効果が期待できる黒ずみクリームTOP3!

 

 

「黒ずんでいて人に見られると恥ずかしい!」

 

こんな経験がありませんか?ワキ、デリケートゾーン、ひざ、ひじなどは黒ずみやすい部位です。

 

黒ずみはクリームを使用することで改善する可能性があります。しかし、選び方にポイントがあります。では、どのような黒ずみケアクリームを選んだらいいのでしょうか。

 

 

黒ずみクリームの正しい選び方

 

 

 

黒ずみの原因は2つです。

 

 

1つめは乾燥です。

 

肌が乾燥をすると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れて、古い角質が蓄積をします。古い角質は黒っぽい色をしていて、固くゴワゴワとしているので、角質の蓄積で肌が黒ずみます。

 

 

もう一つの原因は刺激です。

 

ひざやひじをつく、カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は肌に刺激を与えます。すると、刺激から肌を守るためにメラニンが生成されます。メラニンが肌に蓄積をして黒ずみになります。

 

 

黒ずみの原因は乾燥と刺激によって作られたメラニンなので、保湿ケアとメラニン対策をすることが、黒ずみ改善につながります。つまり、保湿成分や美白成分が配合されているクリームを選ぶ必要があるのです。

 

 

おすすめ黒ずみクリームTOP3!

 

黒ずみで悩む女性は増加傾向、黒ずみ対策クリームも数多く販売されています。たくさんある中から選ぶのは大変です。そこで、おすすめ黒ずみクリームTOP3を紹介します。

 

 

【第1位アットベリー】

 

 

 

女性2359人に行った肌の黒ずみ部門で5冠達成しているクリームが「アットベリー」です。満足度93.1%、数多くの雑誌で紹介されています。

 

黒ずみ改善するには、外側だけ内側からだけのケアでは不十分です。同時にケアをする必要があるのです。そして、デリケートな肌を保護するベールも必要になります。

 

そこで、アットベリーは独自の「トリプルサンド方式ケア」を採用しました。

 

黒ずみができている肌は固くゴワゴワしているため、美容成分が内部に浸透しにくくなっています。そこで、内部に働きかけるために、コラーゲンやオリゴヒアルロン酸などの成分をナノ化しました。小さな成分はスーッと肌内部に浸透をします。

 

表面に働きかけるのが、高分子ヒアルロン酸などの高分子成分です。あえて分子を大きなままにすることで外側にとどまり、肌表面をケアします。

 

バリアの役割をする成分が、セラミドやエラスチンです。肌表面を保護して刺激から守ります。

 

アットベリーは美容成分97.8%配合。5種類の美白成分、6種類の保湿成分、5種類の植物成分、そして臭い対策成分まで配合をしています。

 

さらに、敏感肌や乾燥肌でも使えるように低刺激性にこだわっています。着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、鉱物油、アルコール、パラベンは不使用です。

 

 

 

 

【第2位ピューレパール】

 

 

 

モンドセレクション3年連続受賞、リピート率98.1%、圧倒的支持を得ているクリームが「ピューレパール」です。

 

ピューレパールの特徴は、黒ずみケアをする7つの美容成分がギューッと凝縮されていることです。

 

お肌の敵が乾燥です。トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、トリプルコラーゲン、ビタミンE、セラミドは、肌に潤いを与える成分です。肌が潤いで満たされることでターンオーバーが整い、健康な肌に近づきます。

 

美白成分もギュッと凝縮しています。プラセンタ、グリチルリチン酸、米ぬかエキスは、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを予防します。

 

そして、厚くなった角質にスーッと浸透するように成分をナノ化しています。こだわりの成分を肌の奥に届けます。

 

さらに、敏感肌でも使えるように肌への優しさも考えています。合成香料、着色料、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は無添加です。

 

 

 

 

【第3位ホワイトラグジュアリー】

 

 

 

2016年・2017年モンドセレクション受賞、クチコミ総選挙AWARDボディ美白部門受賞をしているクリームが「ホワイトラグジュアリー」です。TVでも紹介されました。

 

黒ずみの原因の一つがメラニンの生成です。メラニンの生成を抑制するために、ホワイトラグジュアリーは独自処方「スーパーVCT」を配合しています。

 

スーパーVCTとは、3種類のビタミンCの独自処方のことです。生ビタミンC、水溶性ビタミンC、脂溶性ビタミンCを配合しています。メラニンが生成されるのは基底層なので、基底層にまで到達しなければなりません。3種類のビタミンCを配合することで、基底層にまで到達を実現しました。

 

さらに、7種類の美白成分も配合しています。もちろん、鉱物油、アルコール、香料、着色料、パラベン、石油系界面活性剤は不使用です。

 

 

 

 

黒ずみクリームの効果的な塗り方

 

 

 

 

せっかく使用をするなら、効果的な塗り方をしたいですよね。そこで、塗り方を紹介します。

 

黒ずみクリームは1日2回塗ることがおすすめです。

 

 

1回目は朝起きたときです。気になる部位にクルクルとなじませましょう。朝に塗ることで、日中のダメージから守ってくれます。

 

2回目は入浴後です。夜に塗ってゴールデンタイムの肌修復をサポートします。

 

成分を浸透させるためにすり込みたくなりますが、すり込むようにつけるのはNGです。こすると刺激でメラニンの生成が促されてしまいます。肌表面をなでるように優しくつけることがポイントです。